クリニックclinic

QOLクリニックはは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  2. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

臍帯血幹細胞

さまざまな疾患の治療で注目される「さい帯血」って、どういうものですか?

「さい帯血」はお母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液です。
さい帯血には「幹細胞」という、体のさまざまな種類の細胞のもとになる細胞が豊富に含まれています。
たとえば、赤血球・白血球・血小板などの「血液のもと」となる造血幹細胞は高い造血能があるので、白血病や再生不良性貧血などの難治性血液疾患の治療に役立ちます。
また、中枢神経・自己免疫・虚血性障害などの修復に役立つ可能性を持つ細胞など、多種多様な細胞に分化できる能力を持つ幹細胞を含んでいることから、さい帯血への医学的関心は近年急増し、臨床研究段階にある再生医療・細胞治療への将来的な応用が期待されています。

さい帯血の保管先には、公的さい帯血バンクと民間さい帯血バンクがあります。 公的さい帯血バンクに寄付したさい帯血は第三者に提供されるのに対し、民間さい帯血バンクでお預かりしたさい帯血は赤ちゃん本人とご家族のために利用されます。民間さい帯血バンクは赤ちゃん本人やご家族のために保管するので、万が一の時にいつでも引き出して利用することができます。ステムセル研究所では産科医の協力があれば、基本的には希望する方すべてが採取してもらえます。(ただし、HBe抗原陽性とHIV抗体陽性の方は除きます。)

「さい帯血」は、現在十分な治療法のない中枢神経系疾患(低酸素性虚血性脳症、脳性麻痺、難聴、脊髄損傷等)、自己免疫疾患、ASD
(自閉症スペクトラム障害)などに対する再生医療・細胞治療での利用可能性が注目されています。また、白血病や再生不良性貧血等の難治性血液疾患の治療に役立てられています。主に白血病や再生不良性貧血などの難治性血液疾患の治療に役立ちます。

再生医療における、「さい帯血」治療は、幹細胞が脳内の障害部位に遊走し、炎症を抑え免疫を調整し細胞の活性化(分泌)などをすることにより、障害や損傷を修復することが基礎研究で確認されています。現在、人への臨床研究が行われています。

幹細胞培養上精治療

  1. 臍帯血幹細胞

    「さい帯血」はお母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液です。 さい帯血には「幹細胞」という、体のさ…

  2. 脂肪幹細胞治療

    再生医療が意味する範囲は非常に広いですが、現在は生体内に存在する「細胞」を人為的に扱って疾患の治療にもちいる方法が主流となっていま…

  3. 歯髄幹細胞

    歯髄再生治療法とは、自分の要らない歯の神経(歯髄)から幹細胞を取り、神経をとった歯に移植して、元通りの歯髄に回復させる治療法です。…