クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

アルコール遺伝子検査全体

アルコール遺伝子検査全体

アルコール体質に関する遺伝子検査をすることで、自らの体質的な特徴を理解し、アルコール関連の疾患(アルコール依存症や、急性アルコール中毒、咽頭がんや食道がん、肝臓疾患)への危険性を認識し、適度な飲酒を心がけることで疾病予防に貢献します。

タイプは5つに分けられます

A お酒が残りやすく大酒飲みになりやすいタイプ
B お酒好きになりやすいタイプ
C お酒に弱いのに顔にでにくいタイプ
D お酒に弱く顔が赤くなるタイプ
E お酒がまったく飲めないタイプ

アルコールを分解する代謝酵素の働きには個人差があり、その強弱は遺伝子の一部の違いにより決められます。

アルコール体質に関する遺伝子検査をすることで、自らの体質的な特徴を理解し、アルコール関連の疾患(アルコール依存症や、急性アルコール中毒、咽頭がんや食道がん、肝臓疾患)への危険性を認識し、適度な飲酒を心がけることで疾病予防に貢献します。

どうしてお酒に強い人と弱い人がいるの?

お酒に強いか弱いかは、実は体質によって決まっています。アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドに分解されますが、この物質は極めて毒性が強く、顔面の紅潮、頭痛、吐き気、動悸などの不快な症状を引き起こし、悪酔い・二日酔いの原因物質と言われています。
このアセトアルデヒドを分解するのが、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。1型2型がありますが、血中の濃度が低いときには、まず2型(ALDH2)が活躍します。ところが日本人の場合、ALDH2遺伝子内のDNAの一つの記号(塩基)の違いによって、約35%がALDH2の働きが弱い「低活性型」でお酒に弱いタイプ、そして7%は全く働かない「不活性型」で、お酒がまったく飲めないタイプが存在します。このタイプの人たちはごく少量のお酒でも、気分が悪くなってしまいますから、無理にお酒を飲むことはもちろん、このタイプの人たちにお酒を無理強いすることは、絶対に慎んでください。
ALDH2の活性が弱い人は、実はアジア系にしか存在しないようです。このタイプは日本人約40%、中国人約40%、韓国人約30%に存在し、欧米人アフリカ人ではみられません。

何を分析して、何がわかるの?

人間の持つアルコールに対する感受性(酔っ払いやすさ、お酒の残りやすさ)は、主に二つの遺伝子(ALDHとADH1B)で決定されます。こちらを検査で調べます。
※アルコール感受性遺伝子検査キットは、ただ単にお酒が強い(飲める)・弱い(飲めない)を調べるだけの検査ではありません。『どんな体質なのか?』『飲酒により、将来健康に対してのどんな悪影響がでやすいのか?』を分析します。

こんな方におススメ

  • 適量飲酒を知りたい
  • 最近お酒が弱くなった
  • 健康で楽しいお酒を飲みたい方
  • 付き合い等で多くお酒を飲む必要がある方

料金表

1検査
8,000円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

体質チェック

  1. 免疫力検査

    免疫力の高い人はストレス、感染やがんに対抗する力が強いため健康を維持しやすく、逆に免疫力の低い人はストレス、感染やがんに対抗する力…

  2. アルコール遺伝子検査全体

    アルコール体質に関する遺伝子検査をすることで、自らの体質的な特徴を理解し、アルコール関連の疾患(アルコール依存症や、急性アルコール…

  3. 体内年齢

    現在のカラダの状態を一般的にわかりやすく表す指標として「○○年齢」を用いて評価することが多くあります。 まずは現在のカラダの年齢…