クリニックclinic

QOLクリニックはは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  2. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  3. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

動脈硬化

動脈硬化を調べたい方

動脈は、酸素や栄養素をたっぷり含んだ新鮮な血液を、心臓から送り出す血管です。

動脈はもともと弾力性があり、血液がスムーズに流れるよう、管の内壁はとてもなめらかです。

ところがその血管が硬くなり、内壁にコレステロールなどが溜まると、血液の流れが悪くなってしまいます。この状態が動脈硬化です。動脈硬化が進行すると、ますます血管(動脈)の弾力性が失われますから、血管が傷ついて破れたり、あるいは動脈瘤ができて血液の流れが悪くなったりします。

その結果、その動脈の先にある臓器が影響を受け機能低下を招くと、様々な重篤な病気が引き起こされることになります。脳卒中や大動脈瘤、腎不全や心筋梗塞などがそうです。

現在ではまだ、動脈硬化の原因は特定されていませんが、脂質異常症(血中コレステロールや中性脂肪の増加)、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらに肥満(メタボリックシンドローム)や喫煙も、動脈硬化を促す要因となることは分かっています。

動脈硬化症とは?

動脈硬化症とは、文字どおり「動脈がかたくなる」ことです。

人はみな、年齢を重ねると動脈硬化症になります。 動脈硬化症はある種の老化現象ともいえるでしょう。 しかし、同じ年齢であっても動脈硬化症には個人差があります。 年齢以外のほかに「高血圧」「高血糖」「脂質異常症」「高尿酸血症」「ストレス」「喫煙」などにより、動脈硬化症は進行してしまいます。

では、動脈硬化症が進行してしまうとどうなってしまうのでしょうか? 心臓に大きな負担がかかり、そのことにより心肥大や心不全を引き起こしたり、臓器や組織が壊死(えし)する事で心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを起こしてしまう危険性が高まってしまいます。

このように様々な症状を引き起こす動脈硬化症ですが、一番恐ろしいのは【気づきにくい】ことです。 例えば、心筋梗塞は心臓の動脈である冠動脈が詰まって心臓に酸素と栄養が回らなくなり最悪の場合は心臓が停止してしまう病気です。 しかし冠動脈がかなり狭くなっていてもほとんどの場合、自覚症状はありません。 自覚症状が出た時にはすでに重症化している人も多く、そのため動脈硬化症は「沈黙の殺人者」と呼ばれているのです。

動脈硬化症が大きな原因とされる脳血管疾患、心疾患を合わせるとそれだけで日本人の死因の3割を占めており、これはガンにも匹敵する数字です。 また、寝たきりの原因の4割が脳血管疾患や心臓病など動脈硬化症が原因とされるもので、高齢化がすすむ日本において動脈硬化症は大きな問題と言えるでしょう。 手遅れにならないように、普段から血管の状態をチェックすることが大切です。

血管の状態をチェックする検査として頸動脈エコー検査があります。 近年テレビでも取り上げられることがあり、注目の検査となっています。 頸動脈エコー検査の利点としては

15分程度の短時間
被ばくや痛みが無い
頸動脈を観察することで、全身の動脈硬化の程度を表す指標を評価できる。
検査前の食事制限が無い

などがあげられます。

血液検査結果の数値だけを気にされている方が多いですが、まず肝心なことは動脈硬化を予防する事です。 現在の状態を知ることで、今後どのように治療を進めるかや、生活習慣をどのように改善していけば良いかが分かります。

人間ドックを受ける機会に、ぜひ「頸動脈エコー検査」をしてみませんか? 動脈硬化の程度を知り、予防や治療を行いましょう!

オススメの検査

高濃度アルファリポ酸点滴療法

アルファリポ酸はビタミンB群の1つとして細胞の重要なエネルギー代謝に関わっています。アルファリポ酸には強力な抗酸化作用があり、体内で使われたビタミンCやビタミンEをリサイクルします。さらに肝臓の代謝を改善し、食中毒や重金属中毒では解毒作用を発揮します。アルファリポ酸はサプリメントでも摂取できますが、がんや肝炎に対しては点滴と経口で投与します。

詳しくはコチラから↓

Na-EDTAキレーション点滴

当院では動脈硬化に対するキレーション療法を行っております。

もともとキレーション療法は、体内の有害ミネラル(水銀や鉛など)を体外に排出する、デトックスを目的とした治療法でしたが、1950年代に心臓病や血管系の疾患に有効であることが発見されました。
キレーション療法が動脈硬化に有効である理由として、血行の改善、血管の酸化防止、カルシウム代謝の改善、血液をサラサラにする効果、鉛や過剰な銀の排泄など複数のメカニズムが考えられています。
キレーション療法は、単に動脈硬化に効果があるだけでなく、末梢循環の改善や流れている血液の状態そのものを改善することで様々な病気の予防につながります。
米国では2003年米国立衛生研究所と国立補完代替医療センターがキレーション療法に対する臨床試験も行い、現在では年間数十万人の患者さんがこの治療を受けています。

キレーション療法の流れ

動脈硬化の改善を目的としたキレーション療法の場合、点滴により「Na-EDTA」というキレート剤を投与します。
Na-EDTAを1時間30分~3時間かけて点滴し、20~30回の治療を週に1~2回の頻度で行います。
治療の頻度はその方により異なります。検査結果に基づき、医師が治療プログラムを決定します。
5回のキレーション療法ごとにミネラル・ビタミンの点滴・血液検査を行います。
上記コースが終わった後は、月に1~2回の維持治療を行います。

Na-EDTAは消化管からほとんど吸収されないため、経口投与では効果が見られません。
投与時間と投与量など、定められた方法で行えば、大きな副作用なく治療を行うことができます。

検査費用

Na-EDTAキレーション点滴
15,000円
高濃度αリポ酸点滴
15,000円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

循環器

  1. 動脈硬化

    動脈は、酸素や栄養素をたっぷり含んだ新鮮な血液を、心臓から送り出す血管です。 動脈はもともと弾力性があり、血液がスムーズに流…

  2. 心筋梗塞

    心筋梗塞の検査項目や費用について解説します。狭心症予防のために50歳は心臓ドック受診の目安、心臓病リスクが高まる前に一度受診してみ…