クリニックclinic

QOLクリニックはは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  2. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  3. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

脳検査

脳検査

頭部 MRI

脳の血管が詰まる脳梗塞や血管が破れて出血する脳出血、くも膜下出血などの脳卒中は、日本人に多い病気です。こうした脳卒中を早期に発見するための検査が、頭部のMRI(磁気共鳴画像)をはじめとする検査です。
頭部MRIは、頭部に様々な角度から強力な磁気を当てて断層を画像にします。その画像から頭部の病変の有無を調べます。この検査では、脳腫瘍のほか、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤などが分かります。
MRIによる検査は、磁気を使用するため安全でからだに負担がかからず、画像が鮮明で、骨に影響されずに臓器を映し出すことができます。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気
脳腫瘍 脳梗塞 脳内出血 くも膜下出血 脳動脈瘤

※要精密検査、要治療と診断された方はなるべく早く医療機関を受診しましょう。

頭部 MRA

頭部MRA(磁気共鳴血管造影)は、MRI(磁気共鳴画像)装置を用いて、頭部の血管を立体的な画像にする検査です。
血管内を流れる血流の状態を鮮明な画像にすることができ、脳血管の動脈瘤や狭窄、明らかな症状がなく細い血管が詰まる無症候性脳梗塞など、脳の血管内の異常を早期に発見することができます。
なお、MRAは、心臓から脳へと続く頸動脈頸部の異常を調べることにも有効です。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気
脳動脈瘤 脳動脈狭窄 脳梗塞 脳出血

※要精密検査、要治療と診断された方はなるべく早く医療機関を受診しましょう。

検査費用

脳検査(脳MRI+脳血管MRA+頸部血管MRA)
10000円(税込)

各種検査

  1. 高濃度アルファリポ酸点滴療法

    アルファリポ酸はビタミンB群の1つとして細胞の重要なエネルギー代謝に関わっています。アルファリポ酸には強力な抗酸化作用があり、体内…

  2. 超高濃度ビタミンC 点滴療法

    超高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞2度受賞)によって発見された、驚くべき癌の代替治療法です。 そ…

  3. G6PDスクリーニング検査

    高濃度ビタミンC点滴療法・オゾン療法は、G6PD欠損症(グルコース-6-リン酸脱水素酵素の活性が 著しく低い方)の患者には、重症…

  4. カンジダ

    カンジダ菌は健康体にも存在している常在菌のひとつで、抵抗力の落ちた時などに何らかの原因で異常に増殖してしまうと発症します。膣カンジ…

  5. 寄生虫・卵

     寄生虫症の正確な診断、治療が可能な医療機関は多くはありません。たとえ大きな病院であっても、専門知識のある医師がいなければ病名が判…

  6. 毛髪ミネラル検査/爪有害金属検査

    毛髪ミネラル検査は、厚生労働省が刊行する「日本人の食事摂取基準」に記載されているナトリウム、カリウム、カルシウムなどの多量ミネラル…

  7. テロメア

    自分が「老化が原因の疾患にかかりやすい(かかりづらい)体質なのか?」「健康な状態なのか?疾患発症の状態なのか?」という未病状態を知…

  8. 遅延フードアレルギー

     「便秘、肌荒れが続いてる」「イライラや不安が強い」「頭痛やめまいがするが病院で何ともないと言われた」等々、理由がわからないけれど…

  9. 栄養療法解析

    栄養療法は「分子整合栄養医学」に基づいた療法です。 海外ではオーソモレキュラー療法(orthomolecular medicin…

  10. 腸内フローラ

    腸内にはたくさんの常在細菌が生息しています。これを腸内細菌といい、その種類は1000種類以上、その数は約100兆個とも言われていま…

  11. 免疫力検査

    免疫力の高い人はストレス、感染やがんに対抗する力が強いため健康を維持しやすく、逆に免疫力の低い人はストレス、感染やがんに対抗する力…

  12. 糖化年齢

    体内糖化度検査 最終糖化生成物(AGEs)という「焦げつき」物質の蓄積量を調べ、身体へのダメージを測定します。この「焦げつき」が…

  13. 体内酸化(酸化ストレス検査)

    健康な細胞を傷つけ、「サビつき=酸化」を進行させる活性酸素がどの程度なのかを調べます。老化を促進し、がんや動脈硬化などの要因になる…

  14. ホルモン年齢

    体の中では日々さまざまな変化が起こっており、加齢などに伴ってホルモンバランスが崩れたり、ホルモンの量が減少していく傾向にあります。…

  15. 唾液検査

    うつ病、機械による客観的診断&治療が可能に~手軽に数値化できる唾液診断

  16. アルコール体質

    アルコール体質に関する遺伝子検査をすることで、自らの体質的な特徴を理解し、アルコール関連の疾患(アルコール依存症や、急性アル…

  17. 体内年齢

    現在のカラダの状態を一般的にわかりやすく表す指標として「○○年齢」を用いて評価することが多くあります。 まずは現在のカラダの年齢…

  18. 血管年齢

    血管年齢検査とは血管の硬さと詰まり具合を専門の機械で測定します。 両腕両足首の4カ所の血圧測定、心音測定、心電図測定を同時に行え…

  19. 生活習慣病関連遺伝子

    遺伝子検査から生活習慣病リスクを判定。SNPの違いが生活習慣病の発症、進展の違いに繋がることが研究の結果、明らかとなっています …

  20. 腎臓病

    慢性腎臓病は、できるだけ早く発見して進行を抑えることが大切です。慢性腎臓病の多くは「血液検査」「尿検査」のたんぱく尿・血清ク…

  21. 脂質異常症

    血液中に"悪玉コレステロール"や中性脂肪が多すぎることを、以前は「高脂血症」と呼び、動脈硬化症になりやすい病気としてきました。しか…

  22. 動脈硬化

    動脈は、酸素や栄養素をたっぷり含んだ新鮮な血液を、心臓から送り出す血管です。 動脈はもともと弾力性があり、血液がスムーズに流…

  23. 心筋梗塞

    心筋梗塞の検査項目や費用について解説します。狭心症予防のために50歳は心臓ドック受診の目安、心臓病リスクが高まる前に一度受診してみ…

  24. 認知症関連遺伝子

    65歳以上の認知症患者数が、2025年には約700万人(約5人に1人…

  25. 脳梗塞

    40歳を超えると、加齢や今までの生活習慣の影響によって様々な病気のリスクが上がります。脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血)などの…

  26. プロテオ超早期がんリスク検査

    プロテオR超早期がんリスク検査とは、固形がんをステージ0レベルから検出できるがんリスク判定検査。進行リスク、再発・移転リスク治療効…

  27. 160項がん遺伝子検査

    従来の抗がん剤治療は、がんを発症した臓器別に抗がん剤が処方されていましたが、同じ臓器のがんでも患者さんごとにがんの原因となる遺伝子…

  28. 乳がん

    乳がん検診には、問診・視触診からマンモグラフィや超音波(エコー)を用いた検診があります。乳がんかどうか、良性か悪性かの確実な…

  29. 消化器がん

    消化管のがん ... 食物は食道、胃、小腸、大腸などを通って消化、吸収されます(図1)。 この消化管に発生するがんが消化管がんです…

  30. 大腸がん 

    大腸がんとは大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。 ... 早期の大腸がんでは自覚症状はほとんどなく、がんが進行し大きくなる…

  31. 胆道がん

    胆管がんはもちろんこの胆管から発生するがんなのですが、胆嚢と胆管、及び胆管の出口である十二指腸乳頭部のがんをまとめて「胆道がん」と…

  32. 膵臓がん

    膵がんとは膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指しますが、一般には膵管癌のことをいいます。 膵管癌は膵管上皮から発生し、膵臓にできる…

  33. 循環器

    循環器の検査について…

  34. 脳検査

    頭部 MRI 脳の…

  35. 胃がん

    がんは、生涯のうち男女ともに2人に一人がかかると推計されています。がんの部位別では、胃がんは男性9人に一人、女性19人に一人がかか…