クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

乳がん

マイクロRNA解析し乳がんのリスクを判定

国内で増え続ける乳がん患者

国内の乳がんによる罹患者数は年間8万人以上と推計されており、女性のがんの中でも最も患者数が多いがんとされています。また死亡者数も約1万5000人と増加傾向にあります。

乳がんは早期発見が重要

乳がんは“早期”で発見すれば「治るがん」ともいわれており、5年相対生存率はステージ1,2であれば90%以上、ステージ3の進行がんであっても70%以上であることが確認されています。一方で、ステージ4に進行しがんの転移が進んでしまうと生存率は下がってしまい、完治も非常に難しくなってしまいます。そのため、早期発見・早期治療が非常に重要です。しかしながら、早期発見・死亡率の減少に有用とされるマンモグラフィーを用いた乳がん検診の受診率は35%程度と諸外国に比べて著しく低く、多くの方が早期発見の機会を逃している可能性があることが指摘されています。

ミアテスト®-乳がんリスク検査-とは

「ミアテスト®-乳がんリスク検査-」では血液中に存在しているマイクロRNAという物質を測定します。がん細胞が存在する際には、特定のマイクロRNAが増減することが明らかになっています。本検査では乳がん患者で特異的に増減する数種類のマイクロRNAを測定し乳がんのリスクを調べます。

がん細胞とマイクロRNAの関係性

体内では日々がん細胞が発生していますが、免疫細胞の働きによりがん細胞は排除されています。また、互いの細胞からマイクロRNAという物質を出しあい攻撃し合っていることが明らかになっています。細胞で生成されたマイクロRNAは相手の細胞に侵入すると、遺伝子からタンパク質が作られる過程を阻害することで相手の働きを弱めることが確認されています。

今までの乳がん検査との違い

「ミアテスト®-乳がんリスク検査」は今までの検査と異なり、腫瘍がとても小さい段階からリスク捉えることができる検査です。本検査で測定する血中マイクロRNA量は、がんのステージや腫瘍の大きさには依存せず変化します。腫瘍マーカーや画像検査で見つけることが難しい1センチ以下のがんでも早期発見できる可能性があります。

ミアテスト®-乳がんリスク検査-の報告書

血中マイクロRNAの濃度解析を行い、紙面で報告致します。リスクはA-Eの5段階で報告します。これまでにがんが見つかっていない領域をA判定、これまでに全員にがんが見つかっている領域をE判定としています。中リスク域以上の判定の方には医師と相談の上、必要に応じて精密検査の実施を推奨しております。

料金表

乳がんミアテスト検査
22,000円

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

がん検査、治療

  1. サインポストがん遺伝子検査

    サインポスト「がん遺伝子検査…

  2. 乳がん

    国内で増え続ける乳がん患者

  3. 血中循環腫瘍細胞CTC検査

    CTC検査とは …

  4. 胆道がん

    悪性新生物(がん)について

  5. 膵臓がん

    膵がんとは膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指しますが、一般には膵管癌のことをいいます。 膵管癌は膵管上皮から発生し、膵臓にできる…

  6. 胃がん

    悪性新生物(がん)について

  7. 大腸がん 

    大腸がんとは大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。早期の大腸がんでは自覚症状はほとんどなく、がんが進行し大きくなると血便、便…

  8. 消化器がん

    悪性新生物(がん)について

  9. がん遺伝子検査

    がん遺伝子検査のご案内

  10. プロテオ 超早期がんリスク検査

    プロテオ®超早期がんリスク検査とは、固形がんをステージ0レベルから検出できるがんリスク判定検査。進行リスク、再発・移転リスク治療効…