クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

乳がん

あなたにあった乳がん検診

乳がん検診には、問診・視触診からマンモグラフィや超音波(エコー)を用いた検診があります。乳がんかどうか、良性か悪性かの確実な診断をつけるためには、下にあげた検査や診断を組み合わせて行います。
あなたに適した検診はどれか、それぞれの特徴と長所・短所を理解して乳がん検診へ行きましょう。

乳がん検診の種類

  • ■問診・視触診
  • しこりがあるかどうかを確認します。職域検診など多くの検診で実施されていますが、早期発見するのは難しく、ある程度の大きさがないと判別することができません。
  • ■マンモグラフィ検診
  • 広範囲に読影可能で、微細な石灰化の段階の腫瘍を発見することができます。
    若い女性には向きません。(若い患者は乳腺が多く、乳腺とがんの区別がしにくい。)
    痛みがあること、被曝(実際は被曝量は少ない)の問題もあります。
  • ■超音波検診(エコー)
  • 手で触れただけでは判別しづらいしこりを発見することができます。痛みがありませんが、診断医師の技術が必要で、微細石灰化は発見しにくいのが欠点です。比較的若い女性向きの検診です。

どの乳がん検診を受けたらいいか

いくら乳がん検診が重要だといっても、全ての年齢の女性が全ての検査を受ける必要はありません。例えば、マンモグラフィ検診は、乳腺の発達している若い女性の場合、乳腺が白く映るため石灰化と判別がしにくくなります。よって、20代の女性が毎年受診する検査ではありません。(近親者に乳がん経験者がいる場合などは除く)年齢に合った検査方法を選択する必要があります。

マンモグラフィ検診の利点・欠点

利点
  • 手で触れることのできないしこりを発見できる
  • 石灰化だけの段階でみつかれば100%に近い治癒が期待できる
  • 以前に撮ったレントゲン写真との比較が容易にできる
欠点
  • 被曝の心配がある
    ※飛行機で日本からアメリカ間を移動した程度です
  • 妊娠中・授乳中の女性は受診できない
  • 若い女性はがん(しこりや石灰化)と乳腺の区別がつきにくい

超音波検診(エコー)の利点・欠点

利点
  • 被曝の心配がない
  • 乳腺の発達している若い女性でもしこりを発見できる
  • リアルタイムで検査結果を見ることができる
欠点
  • 石灰化が見つけにくい
  • 操作中に判断するため、検査を行う医師あるいは技師の検査能力に依存する
  • 全体像を記録として残すことが難しい

2006年度に、「40歳以上の女性に対し、2年に1度、視触診及びマンモグラフィ併用検診を行う」指針が厚生労働省より通知されました。よって、ほとんどの自治体は、2年に1度の受診を推奨しています。各自治体の費用負担・加入する健保組合の費用負担・ご自身の近親者に乳がんの方がいるかどうかなどを確認して、どの検査をどのくらいの頻度で受けるべきか、ご自身で判断してみてください。

乳がんが疑わしい場合は、細胞診や組織診(生検)を行います。組織診は、細胞診よりさらに確実な検査で、これにより最終的な診断がくだされます。

料金表

1検査
10,000円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

がん検査、治療

  1. 胆道がん

    胆管がんはもちろんこの胆管から発生するがんなのですが、胆嚢と胆管、及び胆管の出口である十二指腸乳頭部のがんをまとめて「胆道がん」と…

  2. 膵臓がん

    膵がんとは膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指しますが、一般には膵管癌のことをいいます。 膵管癌は膵管上皮から発生し、膵臓にできる…

  3. 胃がん

    がんは、生涯のうち男女ともに2人に一人がかかると推計されています。がんの部位別では、胃がんは男性9人に一人、女性19人に一人がかか…

  4. 大腸がん 

    大腸がんとは大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。 ... 早期の大腸がんでは自覚症状はほとんどなく、がんが進行し大きくなる…

  5. 消化器がん

    消化管のがん ... 食物は食道、胃、小腸、大腸などを通って消化、吸収されます(図1)。 この消化管に発生するがんが消化管がんです…

  6. 乳がん

    乳がん検診には、問診・視触診からマンモグラフィや超音波(エコー)を用いた検診があります。乳がんかどうか、良性か悪性かの確実な…

  7. 160項がん遺伝子検査

    従来の抗がん剤治療は、がんを発症した臓器別に抗がん剤が処方されていましたが、同じ臓器のがんでも患者さんごとにがんの原因となる遺伝子…

  8. プロテオ超早期がんリスク検査

    プロテオ®超早期がんリスク検査とは、固形がんをステージ0レベルから検出できるがんリスク判定検査。進行リスク、再発・移転リスク治療効…