クリニックclinic

QOLクリニックはは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  2. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  3. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

毛髪ミネラル検査/爪有害金属検査

あなたの体内の必須ミネラルと有害ミネラルを毛髪で分析します

毛髪ミネラル検査は、厚生労働省が刊行する「日本人の食事摂取基準」に記載されているナトリウム、カリウム、カルシウムなどの多量ミネラル5元素と鉄、亜鉛、銅などの微量ミネラル8元素の合計13元素を必須ミネラルと定義し、またバナジウム・コバルト・ニッケルなどの元素を参考ミネラル(7元素)として評価します。さらに身体に有害と考えられているカドミウム・水銀などを有害金属(6元素)として評価しています。これら必須・有害金属の濃度レベルやバランスを総合的に判断し、ミネラルバランスの崩れから判断できる症状、必要とされるミネラルとそれに伴う献立のご案内をお客様へ提供いたします。

一年に2回は毛髪分析を

当院では、毛髪分析を行い、その結果に基づいた栄養、ミネラルバランスの指導を行っています。 血液検査よりも痛くない毛髪分析では必須ミネラル、水銀やヒ素、鉛、カドミウムなどの有害ミネラルの割合がわかります。 一年に2回の毛髪分析で体内のミネラルバランスが比較できます。 血液検査よりも痛くない「毛髪分析」で体のミネラルバランスから健康を見直しませんか

何故毛髪なのか

東洋医学において毛髪は「血餘」(けつよ)と言い、血液の余りと考えられています。 また最近の事件で注目されたように毛髪は私達が食べたり、吸ったり、嗅いだものが過去にさかのぼって蓄積されます。 糖尿病や高血圧症、高脂血症やメタボリック症、うつ、そして歯周病や虫歯にいたるまで、 これらはすべて日常の生活の乱れからくる「生活習慣病」です。 これらの病気を治す、また予防するためには過去の生活習慣から見直すことが必要です。 毛髪分析は今現在の健康状態を調べる血液検査と違い、過去の生活習慣を客観的に分析することができます。

毛髪分析で何がわかるのか

毛髪分析は毛髪中のミネラルのバランスがわかります。 ミネラルとは「金属」のことです。 人の体は約60兆個もの細胞から構成されており、それらは日々生まれ変わっています。 生まれ変わる細胞を作るのは私達が口にする食べ物や飲み物です。 ミネラルには必須のものと有害なものとがあり、必須ミネラルは細胞の一つ一つに含まれて 細胞や骨、歯を形成する他、ホルモンバランスや代謝、恒常性の維持、免疫機能の維持になくてはならないものです。 また有害ミネラルは添加物や農薬、喫煙、水銀アマルガムという歯の詰め物などから取り込まれて、 発ガンや、精神疾患をはじめ数々の疾患の原因となります。 毛髪分析では必須ミネラルの過不足や有害ミネラルの蓄積などがわかります。 そしてそのミネラル分析から、その方の食生活の偏り、水銀アマルガムをはじめ 歯の詰め物が全身に及ぼす影響、悪い生活習慣などがわかります。 血液検査や尿検査は今日現在の血中の赤血球、白血球の数をはじめ、 血中の酵素量や蛋白量、コレステロール値などを知ることができます。 これに対して過去から現在に至るこれら血中酵素やコレステロールの代謝や血液そのものに含まれる ミネラルバランスを知ることができるのが毛髪分析なのです。例としては下記の内容が診断出来ます。

必須ミネラルの過不足
有害ミネラルの蓄積度
身体の傾向(疲労、ストレス、抜け毛、アレルギーなど)
補う必要のある栄養素

「毛髪分析」の位置付けと重要性

身体のミネラルバランスは毛髪に高濃度に反映されるので、ミネラルバランスの定期的なチェックは健康維持のための指針となります。
また、「毛髪b分析」は、食事・栄養療法やサプリメント摂取アドバイスに欠かせないスクリーニング検査としての普及が進んでいます。

こんな方にオススメ

  • アトピー性皮膚炎で悩んでいる方
  • 受動喫煙のあるお子様
  • サプリメントの効果を確認したい方
  • 自分の身体に必要なサプリメントを知りたい方
  • 忙しくて人間ドックを受けることができない方
  • 美容(身体の中からキレイになる)に興味のある方

料金表

1検査(毛髪検査)
10000円
1検査(爪ミネラル検査)
8,250円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

体内有害 環境汚染物質

  1. 毛髪ミネラル検査/爪有害金属検査

    毛髪ミネラル検査は、厚生労働省が刊行する「日本人の食事摂取基準」に記載されているナトリウム、カリウム、カルシウムなどの多量ミネラル…