クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

パーキンソン病

パーキンソン病の検査と診断

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。
現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれています。高齢者に多くみられる病気ですが、若い人でも発症することがあります。

パーキンソン病の検査

神経疾患の検査には、血液検査・X線検査・CT(コンピュータ断層撮影)検査・MRI(磁気共鳴画像)検査などがありますが、パーキンソン病はこれらの検査では殆ど異常がみられません。パーキンソン病と似た症状がみられる他の病気には、脳腫瘍、硬膜下血腫、脳梗塞や脳出血などがあり、これらの病気を正確に鑑別する目的でCTやMRIなどの画像診断を行います。

最新の核医学検査

SPECT/PET

脳機能をみるために血流SPECTという検査を行います。SPECT(Single Photon Emission Computed Tomography)は「単光子放射線コンピュータ断層撮影」とも呼ばれるシンチグラフィーの一種です。脳の断面の血流状態がよくわかり、機能低下部位を確認することができます。

PET(Positron Emission Tomography)は陽電子放出断層撮影と呼ばれる検査です。通常ブドウ糖を使いますが、パーキンソン病の診断ではブドウ糖の代わりにCFTやRACという薬剤を使います。CFTはドパミントランスポーターをRACはドパミンD2受容体機能を反映します。パーキンソン病ではCFTの異常が認められますがRAC集積は保持され、これがl-dopaなどの抗パーキンソン病薬が奏効する所以です。

ドパミントランスポーターシンチグラフィー

パーキンソン病やレビー小体型認知症では線条体のドパミントランスポーター(DAT)が減少していることが知られています。したがってDATに親和性の高い薬剤を使うことで、ドパミントランスポーターの分布状態を画像化し、神経細胞の変性や脱落の程度を知ることができます。

MIBG心筋シンチグラフィー

ヨード123標識MIBG(メタヨードベンジルグアニジン)という物質の集まり方をみることで、さまざまなパーキンソン症候群の鑑別が可能です。パーキンソン病では自律神経障害のため、この薬剤が心臓に集積しにくくなります。

また、レビー小体型認知症でも同様にこの薬剤が心臓に集まらなくなりますが、アルツハイマー病では心臓の交感神経には異常がありません。このことから、レビー小体型認知症やパーキンソン病を、他の類似した症状を持つ疾患とはっきり区別することができます。

検査費用

高濃度グルタチオン点滴 (1クール800mg~2000mg/日)
600,000円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

点滴療法 注射

  1. 高濃度アルファリポ酸点滴療法

    アルファリポ酸はビタミンB群の1つとして細胞の重要なエネルギー代謝に関わっています。アルファリポ酸には強力な抗酸化作用があり、体内…

  2. 超高濃度ビタミンC 点滴療法

    超高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞2度受賞)によって発見された、驚くべき癌の代替治療法です。 そ…

  3. 美肌

    きれいな肌は、その方の生き方や姿勢など内面性をも映し出す鏡。いつまでたっても美を追い求められるのは、大人ならではの特権だと、私たち…

  4. ダイエット

    肥満は、高尿酸血症から痛風をまねいたり、脂肪肝やすい炎を促進したり、あるいは突然死の原因ともなる睡眠時無呼吸症候群にも大きな影響を…

  5. 免疫力

    免疫力には、細胞の老化やがんの腫瘍など、身体にとって好ましくない状況をつくり出さないようにしたり、細菌やウイルスといった外敵を攻撃…

  6. クレンジング

    血液のクレンジング療法は、わずか100mlの血液を採取し、純酸素から生成される医療用オゾンの気体を投与して、採血した血液にと反応さ…

  7. 慢性疲労

    慢性疲労症候群とは、身体診察や臨床検査で客観的な異常が認められない状況で、日常生活を送れないほどの重度の疲労感が長期間続く状態をい…

  8. 肝機能

    この注射は、肝機能を高め、飲み過ぎや二日酔い、過労等による肝機能障害の改善効果が期待できます。 飲み過ぎ・二日酔いだけでなく…

  9. パーキンソン病

    パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。 現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれていま…