クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

モーニングアフターピル

モーニングアフターピル

モーニングアフターピルとは、低用量ピルとも言い、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が含まれています。

モーニングアフターピル

日本では毎年約30万件の人工妊娠中絶手術が行われています。
1年間に産まれる赤ちゃんは約100万人ですから、「望まない妊娠」がいかに多いかがわかります。
コンドームが破れたりするのは、「よくある話」ですが、
モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)を正しく使えば、最悪の結末は避けられます。

モーニングアフターピルとは

「運悪く、コンドームが破れてしまった」そんな時、望まない妊娠を避けるために用いる薬です。ホルモン剤を飲むことによって、受精卵の着床を防ぎます。事後避妊薬、緊急避妊薬、Emergency contraception、Plan B、とも呼ばれます。欧米では広く知られている方法です。普段コンドームを使っているならば、いざというときのために手元にストックしておくのも一つの考え方です。しかし、あくまでも“緊急避妊法”であり、最後の手段です。グローバルな観点からは、女性の体に負担のかからない確実な避妊法として低用量ピルが主流です。

用途について

  • 望まない性交渉があった
  • コンドームが外れた
  • コンドームが破けた
  • コンドームを使わないで挿入した
  • コンドームを使ったが、ペニスを抜く際にコンドームが女性側に残ってしまった

飲み方について

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)は、12時間ごとに2回服用します。
当院の薬の場合、72時間以内に受診すれば99.9%避妊に成功します。例えば月曜の夜に性交渉があった場合、木曜の夜までに受診すれば十分間に合います。 72時間から120時間以内に服用した場合でも、成功率は99%ほどです。

副作用について

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の主な副作用は吐き気、嘔吐、頭痛です。
これらは通常24時間以内におさまります。
また、実際に嘔吐する確率は1%以下です。

いわゆる中絶手術(子宮内容除去術)に比べれば、麻酔に伴うリスク、身体的リスクや、経済的、精神的な負担は格段に低いといえます。

当院の採用している緊急避妊ピルであれば、不妊症を引き起こす可能性や、後遺症の可能性はゼロです。極めて安全性が高いと言えます。
分かりやすく表現すると、

(安全)低用量ピル>緊急避妊ピル>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>中絶手術(危険)

と、いった感じです。
モーニングアフターピルを服用した時期によって次の生理のくるタイミングが変わります。半数以上の方は生理が早まります。生理が遅くなるケースも10%程あります。

処方について

簡単な問診を行い、問題無ければ、すぐに処方します。

内診などの検査は不要です。(服を脱ぐ必要はありません。)
・保険証をお持ちでなくても、モーニングアフターピルを処方可能です。
・当院のアフターピルは極めて安全ですので、年齢制限はありません。
未成年の場合でも保護者の同席、同意書は不要です。

料金表

診察、処方代
14,600円

価格は全て税別です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

内服・サプリメント

  1. 食欲抑制剤

    食欲抑制剤は、食欲に関わる神経に働きかけて、食欲を抑えることで摂取カロリーを少なくし、体重の減少につなげる医薬品です。

  2. モーニングアフターピル

    モーニングアフターピルとは、低用量ピルとも言い、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が含まれています。 …