クリニックclinic

湯布院金鱗湖クリニックは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

    新型コロナウイルス感染予防における当院の対応について

  2. 外国籍の方へ

    外国籍の皆様へのご案内

  3. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  4. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

繊維芽細胞移植

自家培養皮膚線維芽細胞注入

自家皮膚線維芽細胞注入とは

自家培養線維芽細胞注入はご自身の皮膚を少量採取して、国に認可された細胞加工施設において培養技術によりその皮膚組織から線維芽細胞を多量に増やした後、クリニックにてご自身の体へ戻す(皮内注入)するという新しい治療です。線維芽細胞とは、皮膚の真皮の構成成分でコラーゲンを産生する細胞です。この細胞密度がストレスや加齢に伴い減少することでコラーゲンやエラスチンなどの産生も低下し、肌のハリや弾力性の低下を来してしまいます。自家培養線維芽細胞注入は、あなたご自身の線維芽細胞を注入し、その注入した線維芽細胞がコラーゲンなどの肌の構成成分等を産生することで、新しく肌を再生することが期待されます。本治療法はエイジングによるしわを改善することが目的です。


ヒアルロン酸やコラーゲンを注入する従来の治療法では、それら自体がご自身にとっては異物であるために、いずれ吸収されてしまいますが、自家培養線維芽細胞は患者さん地震の細胞から構成されていますので、吸収はされず生着して消えません。遺物と違いアレルギー反応を含む拒絶反応がまず起こりませんし、その持続効果は2、3年から数年とされています。また培養技術により少量の皮膚組織から多量の培養線維芽細胞を得ることが可能なため、複数回の注入も可能です。

従来の治療ではヒアルロン酸やコラーゲン製剤の注入が行われてきました。しかし、これらは体にとっては異物であり、体の中で次第に分解、吸収されていくため、定期的に注入を繰り返す必要がありますし、注入の仕方によっては不自然になってしまう可能性があります。本治療で注入する細胞はあなたご自身のものなので、拒絶(外界から侵入してきたものを、非自己として体内から排除すること)されることなく、自然な仕上がりとともにその効果が持続することが期待されます。

米国では1990年頃より、にきびやしわなどに対して培養線維芽細胞注入が行われており、その効果が報告されています(Watson D et al, Arch Facial Plast Surg. 1:165-170, 1999)。また、米国で1999年までに行われた約1,500症例の臨床研究においては長期フォローの結果72%の有効性が示されている他、重度の副作用報告がない等、安全性の高い治療として知られています。2011年にIsolagen社 (商品名 LavivTM)が米国医薬食品局(FDA)より自家培養線維芽細胞製品の承認を取得しています。

実際の治療効果に関しては、顔面のしわを対象に、培養線維芽細胞注入後、最速で1ヶ月、通常3~6ヶ月で改善を認め、最長1年3ヶ月の経過観察で効果の発現を認め、また皮膚超音波断層検査では真皮層が密になっていたという報告があり、現時点での科学的水準に基づき可能な範囲で検討されている治療法です。

治療の方法

初めての治療の場合は、カウンセリング・血液検査などを実施させて頂いた後に、本治療の提供基準に合致することを確認し、培養するために耳の後ろの柔らかい肌から皮膚組織を小豆大で採取します。また、培養するために必要な血清もご本人のものを使用するため、同時に採血も行います(採血量は200〜400mL(献血の量程度)となります)。原則として、採皮・採血後、1〜2ヶ月後に1回目の注入、更に4〜5週間の間隔をあけて2回目の注入を受けて頂きます。(投与日程に関しましては、担当医師とご相談の上、決定して下さい。)治療時には、線維芽細胞と生理食塩水の混合溶液(細胞懸濁液)の状態で皮膚の皺等の部位に複数回に分けて少量ずつ細かく皮下へ注入します。針はとても細い針を使用しますので、通常3cc注入で300回以上に渡る刺入を行っても、針の刺入痕が小さく赤い点として残ることはありますが、内出血はほとんど見られず、翌朝には気にならない程度になります。施行後は可能な限り定期的(1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後)に通院をして頂きます。
注入量の目安は、ほうれい線:1cc、目の周り:1cc、額:1cc、首元:1〜2ccとなります。注入部位は直前まで変更可能ですが、目安を参考にどの部位に注入されるかを事前に決めて頂くと良いかと思います。

費用について

全て自費診療でのお取り扱いとなります。
本治療は、患者様一人一人に対して自家の細胞を加工して行なわれるオーダーメイド医療です。その為、治療料金はクリニックで行う施術料の他、細胞加工にかかわる料金が含まれております。

こんな方におススメ

  • 人工物を使用したく無い方
  • 自分自身の細胞を使用したい方
  • 自然な仕上がりを求めている方
  • 肌質そのものを良くしたい方
  • 分かりやすい変化を求めていない方
  • 従来の治療で満足されていない方

料金表

<初回>皮膚採取+初期培養費用+施術費用(注入2回分含む)
1296,000円(税込)
<2回目以降>培養費用および施術費用(1回の注入量は細胞懸濁液3ccです。)
486,000円(税込)

再生美容

  1. 臍帯血幹細胞

    「ピュアスキン」とは?

  2. 歯髄幹細胞

    幹細胞は、さまざまな細胞に分化する能力をもった細胞で、再生医療に用いらています。幹細胞を培養すると、幹細胞は500種類以上のタンパ…

  3. 脂肪幹細胞治療

    ベビーサイトカイン点滴(ヒト乳歯髄幹細胞培養上清点滴)は、老化などで機能が低下した細胞の回復を後押しして「体の中から健康的に若返る…

  4. 繊維芽細胞移植

    自家皮膚線維芽細胞注入とは