クリニックclinic

QOLクリニックはは様々な悩みを持った方へ理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。クリニックのこだわりや院内設備、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. 診療時間・アクセス

    当クリニックアクセスのご案内

  2. 院内のご案内

    最新の医療技術で
    美容医学の発展に努めたい

再生医療

従来の対症療法に対し、欠損・損傷した臓器を再建させることで、疾病や損傷への根治療方が可能となり、患者や高齢者、障害者の生活の質(QOL:Quality of life)
が飛躍的に上昇し、社会復帰と生活自立が可能となる為、医療分野にとどまらず、産業構造、社会構造の変化をもたらすことが期待されています。

幹細胞治療

顔かたちが急激に変化するという治療ではなく、時間をかけてゆっくりとお肌がきれいになっていく治療です。メスを使って切ったり、化学的な薬品での施術と違い、顔かたちが変わったりして失敗する事が全くなく安心できる肌再生医療です。

幹細胞注入後、1年〜2年〜3年とゆっくりとお肌が若き頃のように若返り、お顔全体に半永久的ともいえるエイジングケア効果が期待出来ます。
つまり、細胞から肌年齢が若返り、オールマイティーなエイジングケア効果が期待できる根本治療です。

  1. 点滴治療

     幹細胞は組織の損傷部位に自然と遊走し、その組織を修復する性質を持っています。皮膚や関節は直接注射をし、損傷部位に細胞を到達させる…

幹細胞培養上精治療

最新の研究では、幹細胞から分泌される何百種類もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促し、幹細胞移植と同等の役割を担うことが分かってきました。そして、この分泌物を応用するのが【人幹細胞培養上清液】の活用になります。

  1. 臍帯血幹細胞

    「さい帯血」はお母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液です。 さい帯血には「幹細胞」という、体のさ…

  2. 脂肪幹細胞治療

    再生医療が意味する範囲は非常に広いですが、現在は生体内に存在する「細胞」を人為的に扱って疾患の治療にもちいる方法が主流となっていま…

  3. 歯髄幹細胞

    歯髄再生治療法とは、自分の要らない歯の神経(歯髄)から幹細胞を取り、神経をとった歯に移植して、元通りの歯髄に回復させる治療法です。…

自己多血小板治療

自己多血小板治療とは、自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、私たちに本来備わっている「治る力」を高め、治癒を目指す再生医療です。

もともとは皮膚科の難治性皮膚潰瘍や褥瘡(床ずれ)、やけど、糖尿病の人の壊疽、歯科の歯槽骨や歯肉の再生促進に使われてきました。
海外では、2000年頃からサッカー選手やメジャーリーガー、プロゴルファーのケガの治療などにPRP療法が使われ、日本でも、それに数年遅れて整形外科分野でスポーツなどによる肘やひざの痛み、腱や筋肉の損傷などで、ステロイド剤を使わない新しい治療法として注目されてきました。

PRP療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、自由診療で行われています。また、自分の血液を使うことから、比較的安全性の高い再生医療と言えますが、2014年に施行された再生医療等の安全性確保等に関する法律(以下、再生医療法)の規制の枠組みに組み込まれ、再生医療を行うには実施施設(病院)は厚生労働省に届け出が義務付けられ、一定基準の安全性の確保が行われています。

  1. 関節治療

    当院で提供する幹細胞治療(再生医療)は、ご自身の幹細胞を使用してダメージを受けている組織を修復することで、痛みや機能の根本的な改善…